水分摂取

いつもありがとうございます。

京都/城陽の猫背矯正の専門家のいる治療院、中村鍼灸接骨院です。

先日、肩こりの原因の1つが水分不足とお話ししましたが

今回は、水分についてもう少し詳しくお話しします。

 

身体の約60%は水分

私達の身体の約60%は水分で出来ています。
ポカリスエットのCMのキャッチコピーでも有名ですよね!

 

じつはこの水分量、生まれてすぐはもっと多く
新生児は身体の約80%が水分で、逆に高齢者は50~55%に減るそうです。

これは、私達の身体の水分は
細胞の中にある細胞内液と、血液や組織と組織の間にある体液などの細胞外液に分けられるのですが
成人が60%のうち細胞内液が40%、細胞外液が20%なのに対して
新生児は80%のうち細胞内液が35%、細胞外液が45%と細胞外液が多いんです。

つまり、細胞外液は年々減っていってしまうんです!!
年をとると肌のシワが増えていくは、このためです。

 

また、男女では男性の方が水分量が多く、女性の方が少ない。
これは筋肉の量の差からくるものです。
身体を構成する組織の水分量は
血液が約80%、臓器が約70~80%、目(網膜)が約90%骨が約22%、皮膚が約70%

筋肉が約75%に対して、脂肪組織は約10~30%になります。

つまり、一般的に女性は男性より
「水分量の少ない脂肪が多く、水分量の多い筋肉が少ない」ので水分量が少ないのです。

 

1日に身体から2.6Lぬける!?

続きはこちらから!中村鍼灸接骨院ブログ